ソフト闇金 取り立て 被害相談

ソフト闇金の取り立て被害相談|今すぐ解決!

ソフト闇金の借金問題や取り立て・嫌がらせ被害でお困りの方へ。

 

こちらの窓口で相談しましょう!

 

闇金問題に詳しい司法書士(法務事務所)が無料でアドバイスしてくれます。

 

 

闇金被害の無料相談

 

エストリーガルオフィスの闇金相談はこちら

0120-735-072 ※無料の電話相談

 

ジャパンネット法務事務所の闇金相談はこちら

0120-758-685 ※無料の電話相談

 

 

 

ソフト闇金一覧

アイスマート
利息:2週間30%
手数料:3000円
融資条件:利息と手数料は先引き、1万円の融資で、手元にくるのは4000円だけです。当然、完済するには1万円が必要。
※闇金のほとんどは先引きです

 

エバーグリーン
利息:7日間20%、10日間30%
手数料:3000円
融資条件:融資申し込みのときに「勤務先情報」の入力が必要。当然、返済が滞れば、勤務先に連絡がいきます。

 

 

 

ソフト闇金とは?

最近ではソフト闇金といわれる闇金が登場しています。ソフト闇金はその名の通りにソフトな対応をする闇金です。これまでの闇金は取り立ても暴力的で電話なども対応が怖いという特徴があったりもしたのですが、ソフト闇金ではそうしたところが全部穏やかになっています。中にはデートなどのようなものをして、最後にお金を取り立てるというようなこともするようです。取り立てるといっても脅すのではなく、ではこれだけいただけますか、という丁寧な対応に終始をするというものです。
ソフト闇金では金額が小額な場合が多く数万円レベルのものが多いのが特徴です。二万円を貸して、10日後に三万円を返してもらうというようなことをしているのです。金利はソフトなものからとんでもない高金利なものまでいろいろです。上記のようなケースでは何と年利150%というとんでもな高金利となっていますから、完全に法律の外だということがわかります。それでも一万円ぐらいの金利であればということで払ってしまう人もいるということです。ソフトな対応になっているので、なかなか警察沙汰になることもすくなくなっていて、最近の闇金の手口がどんどんとソフト闇金になっていることがわかります。

 

 

ソフト闇金の利息

ソフト闇金の利息は、実はとても高く設定されているので、注意が必要です。ソフトという名前がついている通り、従来の闇金よりも対応がソフトになっています。電話で暴言をはいたり、自宅までやってきて物を壊したりということは基本的にありません。しかし、利息に関して言うなら、従来の闇金よりも高額になっていると言えます。

 

従来の闇金では、「トイチ」、「トサン」という金利が一般的でした。これは年利に換算すると、およそ360%、1080%といった金利になります。ソフト闇金の場合には、1000%〜3000%の金利をとるのが一般的です。金利だけなら、従来の闇金よりも高額になっています。もちろん、業者によって設定は異なります。

 

ソフト闇金は、「ソフト」という名前がついていますが、違法業者であることに変わりはありません。重大な違法行為を行っている業者ですので、契約は無効になり、利息はいっさい支払う必要がありません。それどころか、元本さえ支払う必要がないというケースも多いです。ソフト闇金の被害にあったら、早い段階で専門の弁護士や司法書士に相談をしましょう。一番良いのは、最初から関わらないことです。闇金業者は裏でつながりがあるので、放置しているともっと悪質な業者からターゲットにされてしまうこともあります。

 

 

闇金の取り立て手口

闇金でお金を借りた場合には、ほとんどの業者が法外な金利なため、返済することが難しくなります。返済日までにお金を用意できずにいると、脅迫の電話が一日中なることもあります。他の取り立ての手口としては、郵便での支払いの催促、身内や会社へ電話などがあります。映画やドラマでは、よく自宅や会社に闇金業者の人間が来て借金の取り立てに来るという場面がありますが、実際は電話や郵便物での催促がほとんどとなります。電話での取り立てが多いのは、交通費の費用をかけるよりも、電話での脅迫のほうが安上がりとなるためです。電話での取り立ても馬鹿にはできず、勤め先に電話がいくので、会社をクビになってしまったという方も多いようです。子供がいる場合は、学校に取り立ての電話をすることもあり、中には近所の住人に電話をかけてプレッシャーをかけてくるようです。電話以外にも、注文していないのに、出前が届いたりする、嫌がらせをしてくるところもあります。闇金からお金を借りてしまうと、家族、職場、近所の人と周りの方にも迷惑をかけてしまうため、なるべく闇金と関わることがないようにしましょう。お金に困ったときには市役所などで借りることができる可能性があるので、そちらの方法を先にとったほうが良いでしょう。

 

 

かつて闇金融が社会問題になった

かつて闇金融が社会問題になったことがあります。あまりにも暴利で利息をとることや、借金の取り立て方法があまりにも人権を侵害しているとして、メディアでも大きく取りざたされるようなことがあったからです。そのような状態を受けて、政府も動くようなこととなり、貸金業法などの金融機関に対する法律が整備されたということもあります。これによってかなり闇金が減ったということはいえるかもしれません。
ただ、今でも闇金がなくなつたというわけではありません。それだけ大量に闇金がいたということは、それを利用する人も大勢いたということで、お金を借りたいという人がなくなったわけではないからです。昔の闇金はお金を借りて下さいといって歩いて回っていたわけではありません。広告や看板を出すと次から次に利用者が出てきたということですから、この借りたいという人をなくしていかない限り、なかなか闇金をなくすということは難しいのでしょう。ですから、政府も貸金業法などを変えて対応するだけで、闇金を駆逐するような対策までは講じてはいないわけです。社会問題となった闇金も法律の抜け穴を利用しているところがほとんどだったので、なかなかこれを駆逐するのは難しかったのです。"